バスタオルの使い心地を考える上で気になる点は素材です。

素材には種類が有ります。簡単に挙げるとパイル地とシャーリング地、ワッフル織地等です。

それぞれの特徴はパイル地はメジャーな物です。吸水性が高く、安価な物です。シャーリング地はパイル地の毛を表面だけカットした物です。特徴としては肌触りの良さです。

なめらかな触り心地ですが吸水性がパイル地に比べて劣ります。プリント等のデザインが良い物に多いです。

もう一つはワッフル織地です。これは名前の通りワッフルの様な形状が特徴です。柔らかい使い心地と吸水性が良いです。

バスタオルの相場は大体千円から五千円です。

中には千円以下の物も多いです。安価な物は大体パイル地が使われています。高めの物は長持ちする傾向に有ります。

長持ちと使い心地を両立する場合は少しだけ高めの物を選ぶと良いでしょう。結果的にお得になります。

値段も良心的で良い物は沢山有ります。家計の負担と満足度の両立が図れます。タオルには幾つか種類が有ります。フェイスタオルやスポーツタオル、タオルハンカチ等です。バスタオルもその内の一つです。それぞれ用途が分けられていますがこれは名前の通りです。フェイスタオルなら顔を拭くのに使ってバスタオルならお風呂上がりに体を拭くのに使うという感じです。

良いバスタオルを選ぶコツは素材ですが、価格も考えたい所です。これ等を考えると大体相場の中間位の物を選ぶと良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *