バスタオルは風呂あがりに使うサイズの大きいタオルのことを言います。

一度に体全体の水分を拭き取ることができなければならないのでサイズが大きくなるわけですが、ただ大きければ良いのではなく、吸収性が優れていたり、肌触りが優しかったりなど、品質もハイレベルなものが求められます。たとえば一流ホテルなどで使われているバスタオルの吸収性の良さは、多くの人が感動を覚えることでしょう。

ちなみに、どのようなバスタオルを選ぶかという質問では、第一に選ばれたのは触り心地の良さです。やはり体を拭く際にごわごわしていたり固かったりすると、体を拭くときに痛いので肌触りが重要な要素です。

第二位に選ばれたのはサイズです。使用目的やユーザーの体のサイズによって必要とされるバスタオルのサイズも異なります。また、収納するときもサイズが大きすぎると収納が難しくなったりするので注意が必要です。

第三位にくるのが機能性や吸収性です。質の良いバスタオルはひと拭きで簡単に水分を拭き取ることができますが、吸収性が悪いと拭きとりに時間がかかります。第四位はデザインや柄、そして第五位が価格です。

ところで、価格が高いほど肌触りや吸収性が良くなるのかと言うと必ずしもそうではありません。

ここがタオル選びの難しいところです。使用している綿糸の種類や、織り方や晒し方などタオルごとに様々で、タオルができあがるまでの生産過程が全部が重要で、それによって価格も変わってきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *