生活に密着しているものほど、身近過ぎてその重要性を忘れて選びがちです。

バスタオルも例外ではありません。お風呂だけではなく、寝具の一部と使ったり、カバーとして使ったりといろいろなシーンで使えます。

中でも体をふく場面ではバスタオルの質の違いを感じやすいです。

水分を拭くと同時に肌にも触れるので求めることは多くなります。まずは吸水性が良くないと体の水分や汗を素早く拭きとることができず、気化熱によって肌の水分までも蒸発しやすくなったり、何度も吹くことで摩擦が多くなったりします。

そのためバスタオルの毛が柔らかく吸水性の高いもの、さらには密度が濃いものが望ましいです。

また、柔らかくないと肌に刺激になってしまうので、その点もチェックポイントです。しかし、今度は吸水した水分を素早く乾かす速乾性も必要になります。いつまでも水分を含んだままだと体を拭くものなのに雑菌だらけで不衛生になってしまいます。

もちろん、一度使ったものはすぐに洗濯にするのがいいのでしょうが、その後も手だけちょっと拭く、顔だけなどとその日中は同じタオルを使ってしまうこともあるでしょう。

その時に湿ったままだと雑菌を肌にこすりつけていることになってしまうので、速乾性も考えると最高の一枚となるバスタオルを見つけることができます。毎日使うものだからこそ、質にこだわって選ぶことを忘れないようにしたいものです。使い心地だけではなく、使った後のことも含めて選ぶと安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *