バスタオルはお風呂上りに使用するほか、小さい子供がいる場合は防寒用や具合が悪くなった時に使用したり、日焼け防止としても使用したりすることもあります。

使い勝手の良いサイズであるため利用することが多いですが、バスタオルにも様々な種類があります。

まず大きさに関しては、スポーツタオルのように細長いもの、正方形、長方形とあり、大人であれば下半身が隠れるぐらいの大きさとなります。

生地においてもシャーリングとパイルの生地があり、パイル生地の方が吸水性が良く、
水辺やお風呂などで使用する場合はパイル地のバスタオルを使用すると、
体に付着している水分をさっと取り除くことができます。

バスタオルにプリントするなどオリジナルなバスタオルを作る場合は、シャーリング地の方が適しています。

シャーリング地はパイル時の先端部分をカットしてあるので弾力性がなくなり、デザインをしたものをよりよくプリントすることができ、見た目にも鮮やかになります。

素材には、コットン、ガーゼ、リネン、ワッフル、マイクロファイバーといったものがありますが、近年では、表地にコットン、裏地にガーゼといった種類の異なる生地を使用するタオルも増えています。ガーゼの生地は肌触りが良く通気性も良いので赤ちゃんのように皮膚が柔らかい人に向いています。

両面が違う生地でできている場合は、用途に合わせて使い分けることができるため2枚持ち歩く必要がなく、収納もしやすくなっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *